券面額(満期時の償還金額)を下回る価額で発行される債券について

債券とは、国、地方公共団体や民間企業が資金を調達する為に発行するもので、満期には券面額が償還されます。中には、満期時の償還金額を下回る価額で発行される国債や公社債もあり、割引債などとも呼ばれます。券面額で発行される場合には、満期までの間は定期的にクーポンと呼ばれる利益を得ることが出来ます。これに対し、割引債の場合は、券面額よりも安い価額で購入出来る事で、満期時の償還金額との差額が利益になります。海外では、割引債がポピュラーな国もあり、個人が割引国債を毎年購入する事で、年金代わりにするといった人が多数いる国もあります。一般的には、クーポンと同一の機能を果たす割引額が高いということはそれだけリスクも高いということになりますが、金利が恒常的に高い場合には、毎年の購入も良い方法です。割引債に限らず、一つ気を付けたいのが、市場での流動性です。日本の場合で言うと、個人向けの国債以外には、一般的にあまり流動性が高くないものも多いのです。上場株式のように、指値でいつでも売却出来る割引債はそれほど多くはありません。したがって、割引債の運用は満期まで保有しても困らないと思われる資金で行い、そうとは言い切れない資金については、国債や預金などでの運用も考えて選ぶと良いでしょう。

Filed under: 未分類 — みらい 4:25 PM