六法全書は、日本の主要な法律などを掲載している法令集です。憲法、民法、刑法、手続法から施行規則まで、様々な法律が掲載されています。
法令集は、日常生活における法的なトラブルに巻き込まれた場合に、自分の事案がどのような法律に該当し、どのような考え方で対処すればいいのかという道標になります。そのような関係から、法令集を介して伝達される法律には、一般国民の行動規範としての意味合いがあります。ギター01
しかし、法令集の一番の使い道は、法律の学習への利用です。行政書士や司法書士、税理士、弁護士など様々な法律の学習で利用されることになります。また、法律実務においても、必須のアイテムとして利用されています。通常、六法全書は法律の条文のみが列挙されており、詳細な解説や判例などは記載されていません。これに対して、学習用の六法全書の中には、法律の内容に関する詳細な解説や、時流に即した判例などが掲載されています。学習に最適な構成となっているため、学習効率は相当上がります。このような学習用の六法全書は、一般的に判例六法という形で販売されることになります。学習用の六法全書は、確かに学習用となりますが、その内容は一般国民の法律に対する理解を深めるためにも利用可能となります。